LCCのビジネスモデル



エアアジア
LCC(格安航空会社)は、レガシーキャリアと言われる、伝統的な大手航空会社、例えば日本航空、全日空、デルタ航空、カンタス航空、シンガポール航空、英国航空等とは、同じ航空機を使用して乗客を運ぶ運輸業ではある。

しかしながら、細かくその「乗客の運送の仕方」を細かく見ていくと、大きな違いがみえてくる。

LCCはその最大のメリット、セールスポイントである、「格安の航空運賃」を実現する為に、あらゆる所のコストの削減、業務の効率化が図られ、結果、それらが「顧客サービス」等、乗客の眼に見える所に現れてくる。

LCCは顧客サービスはそのまま、レガシーキャリアと同様のサービスを提供しながら、運賃が格安という、夢の航空会社ではない。

LCCのビジネスモデルを理解することにより、過剰な期待をLCCに行わないようすることが、LCCを利用する前に必要なことと思う。

このLCCのビジネスモデルのページに加えて、是非「LCCのメリット・デメリット」のページもあわせて参照する事をお勧めする。

下記にあげたビジネスモデルは、必ずしも全LCCに適用されるものではない。

実際には、会社毎に違い、例えばサウスウエスト航空は全席自由席であるが、ジェットスター航空は無料で事前指定可能、タイガー航空では有料での座席指定可能、など。

それぞれのマーケット、ライバル会社の動向などで、部分部分で会社によって違いがあるので、その点了解の上読んでいただきたい。

機内サービスが有料

伝統的なレガシーキャリアでは無料で当たり前であった、機内食。LCCではほぼ全ての会社で有料である。アルコール飲料は勿論、ソフトドリンク類も有料である。普通機内で映画の上映鑑賞、音楽を聞くためのヘッドフォンなど、エンターテイメント、そして毛布までもが有料である。これらはチケットを購入する際、あるいは機内にて別途料金を支払って購入する。これらが、重要なLCCの複収入源になってる。

預け荷物が有料

レガシーキャリアの場合、例えばアジア内のエコノミークラスだと20キロまでの預け荷物は無料で預けられる。LCCは、預け荷物がある場合は、別途追加料金となるので注意が必要だ預。預け荷物がある場合、チケット購入時、あるいは事前に預け荷物のオプションを購入しておいた方が良い。チェックイン当日、その場で預け荷物料金のオプションを購入して荷物を預ける場合、事前の購入より割高となるのが一般的。

免税品など機内販売に熱心

特にアジアのLCCではその傾向が強いが、免税品、機内ドリンクサービス等の、機内販売に熱心、やや押しが強い、くどいと感じるLCCも存在する。

単一クラス制の導入

タイガー航空・オーストラリア
国内線、近距離の国際線では、エコノミークラスだけの1クラス制。上級クラスを設けて、収入の上乗せを狙うより、1クラス制にすることにより、業務を効率化してコストを抑えることを優先する。

同一機材での運行

LCCではその会社で1つの機種、複数の種類でも出きるだけ少ない種類の機材を使う。パイロットの免許は機種毎に与えられるが、複数の機種が混在していると、効率的なパイロットの乗務スケジュールが組めなくなり、結果固定給であるパイロットの効率的な乗務ができなくなる。また、機材の種類は少なければ、ストックしておこなけれればならないスペア部品の点数も減り、整備部門の効率化も図れる。また、なるべく同機種を一括購入、買い入れコストを低くする努力も見られる。ボーイング737、エアバスA320の運用が多い。

新しい機材を使用

大手のレガシーキャリアと比較して機材の更新が早い、という事ではないが、ここ10年くらいに立ち上がった、あるいは路線を拡大した航空会社がほとんど。その為、機材が伝統的な航空会社と比較して新しい。この機材が新しいということは、安全性というメリットの他、故障が少ない、メインテナンスの経費がかからないという、コスト削減という面でのメリットもある。

世界各国のオプショナルツアー(PR)

知らないと損しますよ!世界各国のオプショナルツアーを、最大32%オフ!世界各国の日本語のオプショナルツアーの他、英語の現地発ツアーなど、7000のツアーをネット特価で販売。14000件にものぼる膨大な量の口コミ情報、豊富なイメージと動画で、現地オプションを徹底比較できます。世界各国に現地支店があるので安心!海外旅行での現地ツアーは、トラベルドンキーにお任せください!

>> トラベルドンキー http://www.traveldonkey.jp

自社WEBサイトでチケットを直販

旅行会社を通さず、自社のWEBサイトでチケットを直接、乗客へ販売。そのため、旅行会社に販売手数料の支払い、その手数料だけでなく、チケット代の精算、手数料支払い・管理にかかる煩雑な経理処理も行う必要がない。一応自社のコールセンターを設けているが、基本はWEBによる販売、コールセンター経由で予約をする場合は、別途手数料が加算される仕組み。旅行会社を通さず、またツアー用として座席の卸し売りを行っていないため、座席の販売に無駄がない。ツアー用に航空座席を卸すと、「アロットメント」という割り当てを旅行会社へおこなわなければならなく、ある一定の期間(手仕舞いという)までその座席数は自社の便であっても自由に販売する事ができなく、手仕舞い後に売れ残っている座席を、ペナルティー無しで返させられたりする。因みに、レガシーキャリアは、この返却された座席が空くことを嫌い、実際の座席数以上を販売しているが、その目論見が外れ、予想より座席が売れてしまった事が、オーバーブッキングの要因の1つ。LCCはこういった付き合いを、旅行会社とほとんど行っていないため、オーバーブッキングは滅多に起こらない。

GDSを利用しない

GDSとはGrobal Distribution Systemの頭文字。主にレガシーキャリアでは、旅行会社、他の航空会社、また社内での予約、精算に利用されていたコンピューター・システム。ガリレオ、セイバーなどがあるが、LCCではこれらは利用せず、WEBベースの自社システムを利用。GRSの場合、1区間の予約毎にシステム利用料金がかかっていたが、自社システムならそれがかからない。WEBベースのため、開発費用も比較的安価、旅行会社との取引、他の航空会社との連携がない、LCCにとっては、導入が可能であった。

ボーディングブリッジを使わない

ターミナルからボーディングブリッジを使って乗客を案内せず、タラップを使って、前と後ろの2箇所から乗客を搭乗させる。これは空港の駐機料金がこの方が安く済むという事と、前後2箇所より乗機、降機させた方が、乗客の乗り降りに関わる時間を節約でき、結果機材の効率良い運用につながる。

機材を休まなせない

ゴーエア
飛行機が着陸、その後乗客の降機、次の乗客の乗機、そして離陸までの時間を、LCCは極限まで短くし、機材を休ませず、機材の有効利用を徹底する。

合成皮革シートの利用

LCCの機内では、座席が合成皮革のシートになっているものが多い。これは「豪華さ、乗り心地の向上」という主目的で導入されたものではなく、おまけで結果そうなっているのに過ぎない。LCC側の主目的としては、機内清掃がファブリックのシートより簡単、早くできる、耐用年数が長い、というのが、導入の主目的である。

整備施設、要員を自社で持たない

航空会社自身で多額の設備投資、固定費のかかる、整備施設、整備スタッフを持たず、大手航空会社に委託する。経費の削減という面の他、十分な経験とノウハウを持つ大手航空会社の整備設備・スタッフを利用する事により、安全性の向上というメリットもある。

人件費が安い

LCCは労働組合を持たない、あっても組織率が低く力を持たないということもあり、人件費が大手のレガシーキャリアと比較して、低く抑えられている。アメリカの例で言えば、10年の経験のパイロットで比較すると、35パーセントくらい低く抑えられている。キャビンアテンダントも年収2万ドル代からと同様に低い。年収の低さだけでなく、飛行機が目的地に到着した後の機内清掃、乗機する前のチケット確認なども、キャビンアテンダントの仕事とさせているLCCも少なくない。

シンプルな料金体系、他社との連携も行わない

LCCの料金体系は、片道ベースの数種類の料金のシンプルなものになっている。レガシーキャリアにあるような往復運賃、その中にも数種類の料金があり、それぞれ最低滞在日数が何日以上、最大滞在日数が何日以上、少なくとも何日前に購入しなければならない、等の複雑なルールがない。また、レガシーキャリアで行っている、異なった航空会社でも通しのチケットとして購入できたり、荷物がスルーで流せたりといったサービスも行っていない。

変更、取消手続きが簡単

LCCの場合、変更、取消の手続きが、一般的にWEBサイトを通して簡単に行うことができる。取消に関しては、安い料金の場合、まず返金はないが、この取り消し料金を引いいた分を「クレジット」として残しておくことができ、それを将来(だいたい1年以内)その航空会社でチケット購入時に、支払いの一部に充てることができる。変更も、安いチケットであっても出発の24時間以上前であれば、5000円程度できる航空会社が多い。

座席スペースを詰める

座席スペースをわずかながらも詰め、同じ機材であっても、レガシーキャリアより座席数を多くする。

WEBチェックインをしていないと手数料

まだ、ライアンエアタイガー航空など、一部のLCCに限られているが、WEBチェクイン(WEBサイトで自分でチェックイン手続きを行い、ボーディングパスを印刷して持参)を済ませていない場合、チェックインカウンターで手数料が徴収される航空会社もある。

飛行機の外装、機内に広告を募集する

飛行機の外側に、企業の広告を入れたり、機内座席に座った目の前、前の席のヘッドレスト付近に広告を入れたり、副収入に積極的である。

最大の収益を得るために料金を操作

エアプサン
LCC、格安航空会社だからといって、いつでも安いわけではない。LCCは他社の料金動向、シーズン、残席数等の過去のデータをたくみに分析、座席がもっとも余らずに効率よく捌け、かつ自社の収益が最大になるように、絶えず、チケットの販売価格をコントロール。

LCC専用ターミナル、地方空港を利用する

レガシーキャリアと同じ空港でも、空港設備使用料をおさえるため、設備等を簡素にしたLCC専用ターミナルを利用したり、飛行機の離発着料金の安い、地方の空港や、空港が複数ある都市では、2番手、3番手の空港を利用したりする。一般的にレガシーキャリアが利用するようなその都市を代表するような空港でなく、都心から距離が離れていたり、交通の便が悪い空港の場合が、LCCでは利用しているケースが多いので注意が必要だ。

マイレージ・プログラムがない会社がほとんど

マイレージ・プログラム(搭乗距離に応じてポイントは付与され、ポイントが溜まると、無料航空券がもらえたりする特典)がないLCCがほとんど。

トラブル発生時は自己解決・自己負担

レガシーキャリアとLCCとで、大きな対応の差が開くのが、トラブル発生時。例えば、機材故障により、フライトキャンセルが発生、近い時間に自社便がない場合、特に国際線等で翌日までフライトがない場合、レガシーキャリアは例え格安航空券で「NON ENDORSABLE」(他社便への振替不可)のチケットでも、無償で他の航空会社便に振替を行ってくれることが多い。それが不可能な場合は、数時間の遅れでも、空港内で使えるミールバウチャー(食事券の提供)、宿泊しなければならない場合は、ホテル手配の上、宿泊費、夕食・朝食まで提供してくれる。これがLCCの場合、例え航空会社の席による機材不良であっても、航空会社は決して他社便への振替を行わない。また、宿泊が必要になるケースでも、ホテルの宿泊費の自己負担は元より、手配自体も航空会社で行ってくれず、自力で探す必要がある。(詳しくは・・LCCのメリット・デメリットを参照)

Photo 1 : Creative Commons / Johnleemk at the English language Wikipedia
Photo 2 : Creative Commons / Wongm at English language Wikipedia
Photo 3 : Creative Commons / Kprateek88 at English language Wikipedia
Photo 4 : Creative Commons / Subway06 at the English language Wikipedia