ジェットスター航空、フィリピンで新会社設立?


ジェットスター航空は、フィリピンの投資会社と、現在フィリピンにて新しい「ジェットスター・ブランド」の、新LCC設立にむけて協議を続けている。
また、マニラを訪れている、ジェットスター航空のCEO、ブルース・ブキャナンは、日本へのフライト数の増加、または、「日本国内線への進出」を検討していると明かした。
日本へのフライトの増加はともかく、「日本国内線の進出」は、実現の可能性は、規制・認可の壁の高さから、短期的には難しいと言えるが、もし実現すれば、日本の国内線航空網を根本から揺るがすインパクトを与えるだろう。
ジェットスター航空は、既に、ニュージーランド国内線、ベトナム国内線(ジェットスター・パシフィック)で参入済。

登録日: 2011-02-10 07:26:37

このニュースに関するコメント

まだ投稿されたコメントはありません。

コメントを投稿する

ニックネーム
コメント
セキュリティ・チェックsecurity image

上に表示されている、数字、アルファベットを、下のボックスに入力してください。