スペインでライアンエアに違法の判決!


アイルランドに本拠地をもつLCCの最大手の1つである、ライアンエア。
LCCの中でも、もっともアグレッシブに安値を追求し、そしてもっともアグレッシブに「コストを削る」航空会社としても、ライアンエアは知られている。その徹底的な姿勢はまさに「LCCの中のLCC」とも言える。
そのライアンエアは、WEBチェックインを自分で行って、ボーディングパスを持参して空港へ来ない場合、40ユーロ(34ポンド)もの、「ボーディングパス印刷料金」をとっている。
その「ボーディングパス印刷料金」に対して、スペインのバルセロナ商業裁判所は、違法であるとの判断を下した。
訴えていたのは、スペインの法律家であるガルシアさん。彼は昨年5月にWEBチェックインをせずに空港へ現れ、40ユーロの料金を追加で空港にて払わされていた。これに納得がいかず、今回の裁判を起こしていた。
裁判官はこの40ユーロの返金をライアンエアに命じたが、ライアンエアには、バルセロナ地方裁判所へ上告することができる権利があるとのこと。
機内トイレの有料化、立席フライトのアイデア等、話題も多いライアンエア。
勿論このままライアンエアが引き下がるとは思えず、今後どのような進展をみせるか、興味深いニュースだ。

登録日: 2011-01-19 15:15:51

このニュースに関するコメント

コメント数: 1 件のコメントがあります。(1 ページ中の 1 ページ目を表示中)

へなちょこ

2:13pm on Saturday, January 22nd, 2011

ライアンエア、以前乗ったことありましたが、ちょうど悪天候ということもありましたが、フライトが乱れていて、チェックインカウンター大混乱でした。
まあ、あの気象条件なら、... read more »

コメントを投稿する

ニックネーム
コメント
セキュリティ・チェックsecurity image

上に表示されている、数字、アルファベットを、下のボックスに入力してください。